情熱かなう

最初は大きな望みだったものが、いつしか情熱へと変わっていった。リラックスできるわずかなひと時にJP1をサーキットに出して走らせるほど楽しいことはない。私はシャーシーの微調整をしているのだとエンジニアチームに納得させる。しかし、実際私はヘルメットの中でにやりと笑いながら、1マイル1マイルを楽しんでいるのだ。私は10年余り前にレースから引退したが、1ラップもしないうちに、あのすばらしい歳月の興奮とアドレナリンと挑戦がよみがえってくる。これまであなたが車に乗って味わったことのないような喜びをこの車で感じることを私が約束します。JP1に乗ったあなたにサーキット場で会える日を楽しみにしています。

JP1は140mph(224kmp)でブレーキング・エリアに入っていく。
「まん中のペダルを踏め!」と頭があなたに向かって叫ぶ。
Evo Magazine







Palmer Sport Palmer Jaguar JP1 Cosworth Racing Engine
パーマースポーツ パーマージャガーJP1 コスワースレーシングエンジン